売電価格が今までの2倍になる!?

太陽光発電で発電された電気は家庭の電力として利用されますが、その時に逆に電気があまった場合は、電力会社に電気を売ることが出来るのは前に説明したと思います。

売電は今まで地域によって価格が違いましたが、およそ1kWhあたり約24円程度でした。それが2009年11月1日より1kWhあたり48円になるそうです。

経済産業省が発表した余剰電力買取制度についてのページを見てみると全国一律48円になるとのことでした。つまり今までの買取価格の2倍になるそうです。これはお得ですね。

太陽光発電システムはここ数年で国が力を挙げて導入を推進しています。太陽光発電システムを導入にあたり、国や県などで補助金制度を設けたり、各メーカーもキャンペーンなどで値引きやサービスなどを紹介していました。

そして今回のこの売電価格の2倍でさらに太陽光発電システムの需要は大きく広がると思われます。

続きを読む

電気を売る

太陽光発電システムによって今まで電力会社から買うものという考えから、電気は電力会社に売ることも出来るという認識に変わると思います。太陽光発電によって自宅で作られた電気を電力会社に売ることで、より電気代の節約につながります。場合によっては、プラスになることもあります。

電気を売る場合の値段は各地方によって違いますが、だいたい平均で1kwあたり20円代後半で売買しているそうです。ちなみに電力会社から買う場合はその倍くらいの価格になります。なんか損してるような・・・と思う人もいるかもしれませんが、電気を売ることで実質電気代が半額くらいになるということなので、そんな気にはならないかと思います。

続きを読む

太陽光発電に必要なもの

太陽光発電をするために必要なもので一番重要なものといえば、太陽電池モジュール(ソーラーパネル)です。ソーラーパネルはいろいろなメーカーで販売されていますが、有名どころで言えばシャープのサンビスタシリーズではないでしょうか。まあ実際に設置しているソーラーパネルを見てもどのメーカーのものっていうのは分かりませんが・・・

ソーラーパネルも多様化しており、瓦や屋根の形状によって様々ですが、最近はだいたいどんな家でも設置できるように対応しています。昔は4角形のものばかりでしたが、今は三角形や台形など屋根の形状に合わせたパネルがあって、効果的に設置できるようになっています。

ソーラーパネル以外にも必要なものは太陽光を電力として変換するパワーコンディショナーです。パワーコンディショナーにも屋内設置用、屋外設置用や電圧の自動調整機能や通信ソフトとの連動機能等多種多様になってきています。

続きを読む

太陽光発電とオール電化

太陽光発電システムはそれ単体で設置しても効果がありますが、これにオール電化を併用するとさらにその効果は上がると言われています。オール電化のメリットは主に下記の4つのポイントでしょう。

1.省エネ、光熱費のコスト削減

一番大きいのは光熱費のコストを削減する効果ではないでしょうか。特にお風呂や家事などで使用する給湯は、空気の熱を利用する方法など通常よりも電力が少なくてもお湯を沸かすことが出来るシステムがあったりするので、かなりコストを下げることが出来ます。

2.環境にやさしい

オール電化にすることでCO2の排出を大幅に減らすことが出来るので、各家庭での環境対策として取り組むことが出来ます。

3.火を使わない生活なので、安心

オール電化によって火を使うことが減るので、小さなお子様や高齢者の方などがいる家庭でも安心です。それにIHクッキングヒーターなどの場合、鍋の吹きこぼしなどで自動的に止まったり、切り忘れ時の自動停止など様々な機能が充実しているので、安心ですよ。

4.普段のお手入れも楽になる

ガスレンジなど違ってIHはフラットな表面なので、油汚れやふきこぼれの後なんかもさっとひと拭きですみます。また最近のIHは熱効率がよくなっていて電気代自体のコストは大幅に削減できます。

続きを読む

太陽光発電で国から補助金が出る

太陽光発電システムを導入すると国から補助金が出るのはご存知でしょうか?

経済産業省から「平成21年度住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」と言う補助金制度が発表されています。実は2年前にも同じような太陽光発電に関する補助金があってその時にも導入される家庭は多かったそうですが、今回はその時よりもニーズが高まっているとの事でさらに太陽光発電システムを導入する家庭が増えると言われています。

基本的に先着順で予定の予算枠を超えると終了するそうです。
また募集の期間があって募集期間は2009年4月1日〜2010年1月29日までだそうです。

それでは実際に補助金ってどれくらい出るの?といえば出力1kwあたり7万円で最大10kw、70万円までだそうです。
1kwって言われても具体的にはどれくらいになるのと思う人が多いと思います。
例えば簡単に説明すると、だいたい一般的なお家の最大出力は3〜4kwといわれています。ですので、仮にその間の3.5kwだとして

1kwあたり7万円×3.5kw=24.5万円が補助金として国から出るということになります。
続きを読む

太陽光発電システムとは?

太陽光発電って最近よく聞くようになった言葉の1つだと思います。太陽光発電とはソーラーパネル(太陽電池)から取り込んだ太陽光エネルギーを電力に変換してしまうことです。

太陽光発電は他の発電方法と違うところは原料がかからないところです。火力発電などはどうしても物質的に原料が無いと電力を生み出すことができませんが、この太陽光発電はもともと降り注がれている太陽光を利用してそれを太陽電池のなかに貯めて電力を作ることが出来るので、今注目されている発電方法の1つとなっています。

それにCO2(二酸化炭素)などの温室効果ガスなどが削減できるなど環境にやさしい発電の方法としても注目されていていろいろな企業も太陽光発電システムの導入に前向きな姿勢となっているそうです。

個人向けには各家庭への住宅用にも現在ピックアップされていて、よく一戸建ての屋根の上に黒いソーラーパネルを載せている光景を見る機会も増えたと思います。住宅用としてもオール電化と併用して電気代の節約や自分の家で作った電力を電力会社に売ることも出来て、さらに電気代を安くすることが出来ます。

続きを読む