太陽光発電で国から補助金が出る

太陽光発電システムを導入すると国から補助金が出るのはご存知でしょうか?

経済産業省から「平成21年度住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金」と言う補助金制度が発表されています。実は2年前にも同じような太陽光発電に関する補助金があってその時にも導入される家庭は多かったそうですが、今回はその時よりもニーズが高まっているとの事でさらに太陽光発電システムを導入する家庭が増えると言われています。

基本的に先着順で予定の予算枠を超えると終了するそうです。
また募集の期間があって募集期間は2009年4月1日〜2010年1月29日までだそうです。

それでは実際に補助金ってどれくらい出るの?といえば出力1kwあたり7万円で最大10kw、70万円までだそうです。
1kwって言われても具体的にはどれくらいになるのと思う人が多いと思います。
例えば簡単に説明すると、だいたい一般的なお家の最大出力は3〜4kwといわれています。ですので、仮にその間の3.5kwだとして

1kwあたり7万円×3.5kw=24.5万円が補助金として国から出るということになります。
それ以外の詳しい詳細は太陽光発電普及拡大センターのHPで掲載されているので、もし太陽光発電を導入しようか検討している人は一度詳細を確認してみては?

また各都道府県からの補助金もあるそうです。これは都道府県ごとによって、募集期間、対象となる人、補助金額が違うので、興味のある方は一度確認してみて下さい。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28231312
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック