太陽光発電に必要なもの

太陽光発電をするために必要なもので一番重要なものといえば、太陽電池モジュール(ソーラーパネル)です。ソーラーパネルはいろいろなメーカーで販売されていますが、有名どころで言えばシャープのサンビスタシリーズではないでしょうか。まあ実際に設置しているソーラーパネルを見てもどのメーカーのものっていうのは分かりませんが・・・

ソーラーパネルも多様化しており、瓦や屋根の形状によって様々ですが、最近はだいたいどんな家でも設置できるように対応しています。昔は4角形のものばかりでしたが、今は三角形や台形など屋根の形状に合わせたパネルがあって、効果的に設置できるようになっています。

ソーラーパネル以外にも必要なものは太陽光を電力として変換するパワーコンディショナーです。パワーコンディショナーにも屋内設置用、屋外設置用や電圧の自動調整機能や通信ソフトとの連動機能等多種多様になってきています。

あと電力モニターがあります。電力モニターは太陽光発電システムの管理に必要なもので、今現在発電している電力量や運転、準備、停止状態の確認、自分の家の消費電力など、電力に関して色々な情報を確認することが出来ます。また電気の売買を行っている場合は今太陽光発電している電力は電力会社に売っている電力なのか、逆に電力を買っている状態なのかを人目で確認することが出来ます。

これらは太陽光発電を自宅で行う上で、必要な機器になります。色々なメーカーのものがありますが、基本的には設置する前に、設置する業者にどのようなものか確認したほうがいいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28273760
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック