売電価格が今までの2倍になる!?

太陽光発電で発電された電気は家庭の電力として利用されますが、その時に逆に電気があまった場合は、電力会社に電気を売ることが出来るのは前に説明したと思います。

売電は今まで地域によって価格が違いましたが、およそ1kWhあたり約24円程度でした。それが2009年11月1日より1kWhあたり48円になるそうです。

経済産業省が発表した余剰電力買取制度についてのページを見てみると全国一律48円になるとのことでした。つまり今までの買取価格の2倍になるそうです。これはお得ですね。

太陽光発電システムはここ数年で国が力を挙げて導入を推進しています。太陽光発電システムを導入にあたり、国や県などで補助金制度を設けたり、各メーカーもキャンペーンなどで値引きやサービスなどを紹介していました。

そして今回のこの売電価格の2倍でさらに太陽光発電システムの需要は大きく広がると思われます。

今回の余剰電力買取制度は今年度は1kWhあたり48円としていて、今年度に設置契約すれば今後10年間は同じ価格を保障してくれるそうです。

しかし、来年度、再来年度となるごとに買取価格は低減していくそうで、もし太陽光発電に興味があるなら今が一番お得です。

太陽光発電システムを導入するに当たって気をつけなければいけないのは今訪問販売などでの説明不足による苦情(クレーム)やトラブルが増えているということです。

もし今すぐ導入したいと思っている人は必ず信頼できる業者に相談して、まずは太陽光発電の仕組みについて自分自身がきちんと理解することではないでしょうか?

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/32984870
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック